簡単にですが、毛穴そのものを引き締めるための大まかな手順を見てみましょう。

見違えるほど急に変わる事はありませんが、毎日続けて行うことが大事ですから、是非継続できるよう頑張ってください。

最初にていねいに洗顔しましょう。

これは毛穴に詰まった皮脂や汚れを落とすためですので大切です。

汚れを落とさずに毛穴の引き締めをしてしまうと、肌の中に汚れを閉じ込めてしまいます。

それでは肌トラブルを引き起こしかねません。

蒸しタオルなどで毛穴を開いた後に洗顔をします。

続いて毛穴の引き締めを肌の外から行います。

ここで使用する化粧水は、毛穴引き締めに効果のあるビタミンC誘導体成分を含むものを使って、引き締め効果を狙いましょう。

肌の引き締め効果をより高めるためには、化粧水を予め冷やしておき、瞬間的に肌を冷やすと良いでしょう。

次に毛穴の引き締めを肌の内側から行います。

皮脂が過剰に分泌されることで毛穴の開きや黒ずみ、汚れや角栓の詰まりは起こります。

ですから、毎日の食事も脂分が少ない物に変えるようにして、食生活を改善することも大事です。

最後に顔を動かすことで毛穴を引き締めます。

毛穴はそのままにして置くとたるんでしまうので、引き締めのためにはエクササイズをしましょう。

口を前に突き出したり、引っ込めたりの運動をしてみてください。

このような運動で、肌の血行が良くなり、肌のたるみの改善にも効果があります。

そのため、毛穴の引き締めにもつながるのです。

無数の毛穴が肌にはあります。「毛穴を引き締めましょう」と様々なスキンケアを見ると言われています。

では、なぜ毛穴を引き締めると良いのでしょう。

毛穴を引き締めるとはどう言うことなのか、またなぜ毛穴を引き締める必要があるのかを考えてみましょう。

多くの人が悩んでいる肌のトラブルの一つとして「毛穴の開きや黒ずみ」と言うことがあると思います。

このような悩みの解消のために対策グッズがたくさんあると思いますが、洗顔を正しくして、スキンケアをきちんとしていれば、たいていは解決するのではないかと思います。

しかし、どんなに正しく洗顔してきちんとスキンケアを行っていても、その後の肌のお手入れを怠っていたのでは、肌は衰えて行ってしまい健康的な肌をキープすることができなくなります。

蒸しタオルを使ったり入浴時に十分に毛穴を開かせて、毛穴の汚れを取りましょう。

そして、洗顔、スキンケアを行い、毛穴の汚れを押し出しましょう。でも、まだこれでは終わりではありません。

毛穴の汚れを取った後は、毛穴には空洞ができてしまっています。

これが毛穴の開きになるのですが、これをそのまま放置しておくと空洞に古い角質が詰まったり、汚れた皮脂や埃がが詰まったりして、毛穴の汚れを取り除く前以上に毛穴の黒ずみがひどくなったり、毛穴の開きが悪化したりするのです。

そして、それがニキビなどの肌トラブルの原因などにもなりかねませんから、毛穴の汚れを取ったら、開いた毛穴を引き締めなくてはならないのです。